Digital things

フォロワーを増やしてもっと楽しく!私のインスタグラム活用術☆基礎編

数年前からハマっているインスタグラム。インスタグラムを活用するうえで私なりに気を付けていること、こだわっていることをまとめてみました。基礎編は、これだけはおさえておきたい基本的なポイントです。

インスタグラム、使っていますか?

みなさん、インスタグラム(Instagram・インスタ)は使っていますか?

insta_logo_icon

私がインスタグラムを始めたのは6年ほど前です。当時は今ほどは流行っていなくて、「おしゃれなフィルターが色々使える画像投稿SNS」というくらいの認識。

その後、他の色々な画像投稿系のSNSに手を出してインスタグラムを使っていなかった時期も数ヶ月ありましたが、そういった画像投稿系SNSを殆ど辞めてしまった中でもインスタグラムだけは生き残り、気付けばインスタが私のSNSのメインになっていました^^

私にとってのインスタグラムの良さは、「1枚の写真で何を表現するか」というシンプルな世界観です。

私は決して人気インスタグラマーではないですが、曲がりなりにも数年間毎日のように使ってきたので・・・最近インスタグラムを始めたばかりの友人やお仕事でインスタグラムを始めた友人に少しでもヒントになればと思い、これまで直感的に実践していた私なりの使い方やこだわりを文章にまとめてみました。

インスタグラムを使う目的は人それぞれなので、「親しい人やリアルに知っている人と交流できれば良い」という人なら、もちろんルールはありませんしどんな気まぐれな使い方をしても良いと思います。逆に、

* 沢山の人に「いいね!」してもらえるように腕を磨きたい!
* フォロワーを増やしたい!
* お店のファンを増やしたい!来店を増やしたい!
* 共通の趣味を持つ世界中の人と交流したい!

少しでも、こんな感じの目的を持っているなら、ある程度は戦略的に使っていった方が良いと思います。

今回、書きたいことが多くて記事が長くなったので(^^;)、基礎編、応用編、おすすめアプリ編に分けたいと思います!

メニュー : 基礎編


テーマを決める(絞る)!

ただ何となく日記的に日常の写真やお知らせをアップするのではなく、写真のテーマを決めて一貫性を持たせることが大事です。
と言いつつ私自身は欲張りで絞り込めていないのですが(笑)個人的には、テーマは1つか2つに絞るのがベストだと思っています。ファッション、ペット、風景、フード、などなど。

あるいは、使う色を絞るのもアリですね。

理由は、テーマを絞った方が、好みの似た人の目に留まりやすい&コアなファンがつきやすいから。

私のように複数のテーマを扱いたい人は、1枚の写真で複数のテーマを表現することを意識するといいのかなあと思っています。例えば、ペットの写真だけど周りの背景でインテリアも伝わる、といった感じです。

insta_samplephoto01

プロフィール文はきちんと入れる!

他の人をフォローするとき、その人がどんな写真をアップしているかを見ると同時に、プロフィール文を読みますよね。
つまり、相手も自分のプロフィール文を読んでフォローするかどうかの判断基準にしているということ。
プロフィール文は文字数制限があるので、制限文字数内でいかに必要事項を盛り込むかが大事です♪

日本の人にも海外の人にも見てもらいたいなら英語と日本語の併記が良いですが、文字数制限的にかなり厳しいので、どちらかというと英語メインの方が良いと思います。

また、ターゲットが日本の人だけの場合(ローカルビジネスなど)も、一言二言くらいは英語を入れておくことをオススメします。
ローカルビジネスだと海外に住む人は直接的にお客さんになってくれる可能性は少ないけど、たとえ直接的に関連がない人でも、より多くの人がいいね!してくれることによって、より多くの人の「おすすめ」に自分の写真が表示されるので、間接的に集客につながる可能性があるのです。

画質にこだわる!

インスタグラムは写真共有SNS。「1枚の写真で何を表現できるか」の世界ですから、画質はやっぱりすごく大事です!

低画質のなんてことない写真でも「いいね!」がたくさん付くのは有名人だけだと思います。

私個人は、ミラーレス一眼で撮った写真をWiFiでスマホに転送して、必要に応じてトリミングや補正をしてからインスタグラムにアップしています。

もちろん、スマホで工夫して高画質な写真を撮って投稿しているインスタグラマーもたくさんいます。ただ私はスマホで写真を撮るのが下手なんです(笑)・・・スマホでは気に入った写真が撮れないので、スマホ写真は載せません。

最近のスマホのカメラは優秀ですが、何を撮るかによって相性があると思います。具体的には、風景のような引きの写真を明るい場所で撮るならスマホでも良い写真が撮れますよね。そこに上手にフィルターを使ったりして雰囲気のある写真にするのも良いと思います。

ただ、ペットや食べ物、人物などを撮るにはスマホのカメラでは物足りないかな。私はペットや食べ物の写真が多いので必然的にミラーレス一択になります(風景はコンデジで撮ってます)。

いずれにしても、写真の画質や使うフィルターなどに統一性を持たせて「これが私のテイスト」みたいなのを確立すると良いと思います。

単体の写真だけでなく自分のギャラリー全体を常に意識する!

インスタグラムは、写真を1枚1枚投稿するというだけではなくて、自分のギャラリーを作り上げていくイメージで使っています。1枚1枚の写真にこだわるだけではなく、自分のギャラリー(自分のプロフィールページのことです)をチェックして、色合いや構図がバランス良く配置されるように、そして一貫性のあるギャラリーになるように気を付けています。

screenshot_iphone01 screenshot_iphone02

⇒miya1975 on Instagram

ゴチャゴチャした構図の写真が続くと自分のギャラリーが雑然として見えるので、ゴチャゴチャした構図の写真の後はシンプルな構図の写真を投稿するように意識しています。色合いのバランスも然り。

自分のインスタグラムをひとつのギャラリーとして作り上げていくと考えると、インスタグラムがますます楽しくなると思いませんか♪

連投しない!

インスタグラムは、FacebookやTwitterのように、リスト分けはできません。
フォローするかしないか、シンプルにそれだけの世界。
つまり、ひとりのユーザーが短時間に何枚も投稿すると、それで相手のフィードが埋まってしまいます

それももちろん各自の自由なんですが・・・個人的には、同じ人の写真が5枚6枚と続くと、それがたとえ美しい写真であっても、うーん・・・とストレスに感じてしまうので、自分は短時間に連投しないようにしています。

インスタグラムの投稿は、朝昼晩1枚ずつ、1日3枚前後が程よいと思います。

続きは応用編・おすすめアプリ編にて♪

Leave a Comment